血管外科診療の概要

治療方法

薬物療法

血流改善薬(内服薬や点滴)で症状を軽減させます。

カテーテル治療

局所麻酔でカテーテルを挿入し、狭窄や閉塞した動脈をバルーンで拡張させます。患者さんの負担は少なく、入院も短期間で済むというメリットがあります。

外科的手術

狭窄や閉塞がより高度になってくると、カテーテル治療では困難となり、手術が必要となります。バイパス手術、動脈形成術などがあります。

その他の血管疾患

深部静脈血栓症、バージャー病、動脈瘤、強皮症などの膠原病、血管奇形、リンパ浮腫など末梢血管に関しては様々な疾患を診療しております。